プロフィールはこちら
交通事故トラブル弁護とはあなたに代わって示談交渉できます。
後遺障害のポイントについて

交通事故トラブルに弁護士が必要な理由
弁護士は相手方への請求金額に関わらず依頼者の代わりに示談交渉をすることができます。
行政書士や司法書士の相談される場合もありますが、示談交渉を一切できなかったり、請求金額が140万円を超える場合には示談交渉をすることができません。
最近の自動車保険は、弁護士費用特約といった弁護士費用の支払いをしてくれる保険も出てきております。
弁護士費用特約の保険に加入していれば弁護士費用を心配することなく、弁護士に相談、依頼することができますので、一度契約内容をご確認ください。

示談交渉できる損害 物損事故

  • 修理費等
  • 評価損
  • 代車使用料
  • 休車損害
  • 登録手続費等
  • 雑費
  • 積荷損害
  • 物損に関する慰謝料

詳細を見る

示談交渉できる損害 傷害事故

  • 治療に関する損害
  • 付添看護関する損害
  • 入通院慰謝料
  • 後遺症による逸失利益
  • 後遺症慰謝料

詳細を見る

示談交渉できる損害 死亡事故

  • 治療・葬儀関係費
  • 死亡慰謝料など
  • 死亡による逸失利益

詳細を見る

加害者になってしまった場合

  • 重大事故に絞って交通事故加害者の立場での裁判や訴訟について説明します。

詳細を見る

お知らせ
詳細を見る
料金についてアクセスマップご相談お問い合せ田中ひろし オフィシャルサイトへ